HISTORY

HANAPEUPEU CACAO BAR 誕生秘話

カカオバー開発者の三浦隆典がカカオに出逢うきっかけになった
スマトラ大津波10周年追悼式典飛び入りプロジェクトの立ち上げ発足。

大津波の被害を受けた現地で、十年後に当たる2014年12月26日

追悼式典が開催されると知り、
波乗りを通じて現地との交流が御縁が⻑年にあり、

第二の故郷と思っていた御縁の深い地で起きた津波が切っ掛けで、
金品などの物質的支援以外に何か出来る事がないかと、

ずっと模索していたので、
急遽、思い付きで飛び入り参加する決意をし、

勢いだけで日本中のアーティストから
僕のイメージに合いそうな方々に声掛けして、

奇跡的に集まって頂けたメンバーと
ミニアースデイ的なエコ&アートイベントを開催し、

現地関係者から好評価して戴けた後に、

燃え尽き抜け殻のように途方に暮れていた時に、
現地で偶然必然的に導かれてカカオと珈琲豆に同時期に出逢う。






















たまたま誘われた現地観光促進イベントで

日本の支援で立ち上げられた
工房の御当地チョコを発見してしまい、

すぐさまバイクで直接出向き交渉し

譲って頂いたカカオと珈琲豆を日本に持ち帰り、
最初は軽の箱バンで寝泊まりしながら行く宛なく

手探りで徘徊しはじめ、カカオの紹介と
無料のコーヒー焙煎ワークショップからはじまり、

何故か成り行きで焙煎音ライブ&カカオでの
エナジーボール作りワークショップに少しづつ進化し、

辿り着いたハナププ式珈琲&カカオセレモニーで全国規模で
毎年半年以上掛けて150件くらい徘徊するまでに至りました。

珈琲セレモニーは⽣カカオを皮ごと食すところから。

ワークショップは乳鉢で摺り潰して、蜂蜜や⿊糖、
スパイスやドライフルーツを混ぜエナジーボールにしたりと、

試行錯誤で5年経過。

次第に珈琲セレモニーが大好評で忙しくなり過ぎて、
カカオのワークショップや紹介までおこなう余裕がなくなり、

⽣カカオの輸入も規制が厳しくなる中で、
素晴らしいポテンシャルを秘めた物であることを全国を巡って

ライブで体感する事が出来た
ハナププのカカオを効率よく楽しむ方法として、

現在の程よく焙煎してチョコレートの滑らかさになるまで
じっくり機械で挽いて固めただけのカカオバーが誕⽣し、
さらに改良を続け2年が経過し本製品とになりました。

現地チョコレート工房のボスに初対面した時に、
いきなりチョコレートじゃなく⽣のカカオをくれという要望に

「こんなもの誰が食うんだ?」

とクレイジーな奴が来たと呆れられつつも、
日本の支援で夢が実現した御縁の工房だったこともあり、

時間を掛けて根気よく付き合いを重ねて、なんとか説得して
懲りずに試作し続けて頂いて完成させる事が出来たものです。



















現地チョコレート工房オーナーの想い

もともと私は普通のカカオ農家でした。

農⺠が⽣産するカカオ豆が
仲買業者に安く買い取られている事に⻑年疑問を感じて、

2003年から自⼒でカカオの加工販売をしていましたが、

その翌年にスマトラの地震が起きてから5年後の2009年に
日本の国際支援団体から復興自立支援協⼒があり、

チョコレート工房を立ち上げる為の支援を受けて

私たちはトレーニングを受ける為に
ジャワ島のスラバヤに送られて、コーヒー&ココア研修センターで

チョコレートの加工について学んで独立開業、

2011年にはインターナショナルカカオアワードの審査員であり、

カカオハンターで有名な
小方真弓さんを招いてカカオの発酵を学ばさせて頂きました。

 

83022708_10157942405559036_4381210849189036032_n.jpg
11205052_292519624205344_766403211958929463_n.jpg
83293514_10157942404514036_7510974116447387648_n.jpg